« 結局のところは自己管理 | トップページ | はよぴー »

2018年5月15日 (火)

未来の年表続編が出たらしい

未来の年表というベストセラーに続編が出たらしい。
その内容は、人口動態をもとに今後の日本の動向をうらなうものだった。
著書の内容は、前半は首肯できたが後半はそうするのが困難だった。

現代、何事も変化が凄まじく速い。
しかもその速度はどんどん増している。

生きていく上で、必要なのは情報だろう。
かつての、今の状態がずっと続くと能天気に思考停止している者は
かつての私のように、格好のカモにされてしまうことだろう。
情報を得ようとしないと、又は、得た情報がガセだと、すぐに詰んでしまう。

個人が生きていく上で重要な取捨選択。
国家としての日本も、未来に何を残すのか。
遺伝子血統か、経済か、文化か、伝統か。
哲学的な問題これも単に選挙で決めるのか?が投げかけられている。

« 結局のところは自己管理 | トップページ | はよぴー »