« おいらせ町クラックカー祭り | トップページ | 2018年9月12日お稽古 - 香光のいけばな記 »

2018年9月16日 (日)

安全保障環境リスクと東ユーラシア大陸半島、拉致リスク - グローバルスタンダード開発フェイスツーフェイス会合

目次
1.環太平洋火山帯国と弧状列島地政学リスク
2.安全保障環境リスクと東ユーラシア大陸半島、拉致リスク
3.安全保障環境リスクと東ユーラシア大陸半島、核ミサイルリスク
4.安全保障環境リスクと東ユーラシア大陸半島、水産資源リスク
5.安全保障環境リスクと東ユーラシア大陸半島、密輸リスク
6.安全保障環境リスクと東ユーラシア大陸半島、サイバー攻撃リスク
7.安全保障環境リスクと東ユーラシア大陸
8.安全保障環境リスクと東北ユーラシア大陸
9.弧状列島地域の安全保障環境維持
内容
1.環太平洋火山帯国と弧状列島の地政学リスク
2018/1/25, Ring of Fire's volcanic and quake activity is normal, say scientists, http://www.bbc.com/news/world-asia-42813832
Y/M/D, Eruptions, Earthquakes, and Emissions, http://www.axismaps.com/projects/smithsonian/
Y/M/D, Smithsonian / USGS Weekly Volcanic Activity Report, http://volcano.si.edu/reports_weekly.cfm
Y/M/D,西環太平洋火山帯弧状列島「日本」の地理的環境は、東シナ海や日本海等西対岸の中国、ロシア等の東ユーラシア大陸諸国が政治的、軍事的、経済的圧力や制裁手段を用いて、環太平洋火山帯海洋域に進出と拡大を図る際、境界防壁群や護衛艦隊群の様な安全保障の役割を持つ。http://www.pref.toyama.jp/cms_sec/1510/kj00000275.html
(+)2018/7/13,防衛省にある逆さまの地図(写真でみる永田町)https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32970550T10C18A7000000/
(+)2018/7/26,第一列島線上に地対艦ミサイル部隊を展開, http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/53646?page=4
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32970550T10C18A7000000/?n_cid=NMAIL007
Y/M/D, Eurasian Plate, https://worldvolcanoes.wikispaces.com/Eurasian+Plate+%2822%29
2018/8/29,現在は夏しか通れない北極圏 資源・航海ルートは2030年ごろに氷がなくなるとされ、アジアと欧州を結ぶ海の道が大幅に短縮。石油や天然ガスなど、地球上にある4分の1を占めるとされる未発見資源が眠る、地球最後のフロンティアに期待が高まるが、国際競争の激化で安全保障を巡る対立へ。https://www.nikkei.com/article/DGXMZO34622650X20C18A8905E00/?n_cid=NMAIL007
2010/12/11「不安定な弧」を呼称される東アジア、http://www.ray34g.com/articles/2010/f11.pdf
2013/7/5,  Maritime Territorial and Exclusive Economic Zone (EEZ) Disputes Involving China: Issues for Congress,− 海洋領土と排他的経済水域(EEZ)中国の紛争:議会の問題−,file:///C:/Users/sakura/Downloads/740297.pdf
2.安全保障環境リスクと東ユーラシア大陸半島、拉致リスク
2016/7/17、見えてきた日本人拉致の全貌、?海上遭遇拉致=石川県志賀町漁業の寺越昭二さん(失踪当時36歳)、?人定拉致:三鷹市役所警備員の久米裕さん(失踪当時51歳)、?条件拉致=「若い女性を連れてこい、洗脳しろ」、横田めぐみさん(新潟市立中1年、拉致当時13歳)、鳥取県米子市の松本京子さん(拉致当時29歳)、アベック拉致事件、鹿児島市電電公社職員市川修一さん(失踪当時23歳)と事務職員増元るみ子さん(失踪当時24歳)http://www.sankei.com/premium/news/160717/prm1607170025-n1.html、
http://nyt.trycomp.com/jokyo/06.html
http://www.sankei.com/world/news/150725/wor1507250004-n2.html
(−)2010/7/9, 米司法省が6月に摘発したスパイ団事件の犯人10人を国外退去させる見返りに、ロシアがスパイ犯4人を釈放する。https://www.nikkei.com/article/DGXNASGM0900W_Z00C10A7000000/
(+)2017/9/27,米国人学生のワームビアさんは2016年に北朝鮮を旅行中、ホテルにあった政治宣伝ポスターを盗もうとしたとして拘束された。今年6月に健康状態の悪化を理由に解放されたが、米国に帰国した際には意識不明の状態で、数日後に死亡した。http://www.bbc.com/japanese/41410847
(+)2018/8/29,北朝鮮に拘束されていた杉本倫孝(すぎもと・ともゆき)氏が釈放され、中国を経由して無事に帰国した。約2週間で解放という“スピード解決”。とはいえ、近寄るべき国でなかったのは明らかだろう。 日本のメディアが「北朝鮮で日本人男性が拘束」と報じたのは8月11日。それから男性が滋賀県出身であることや、39歳の映像クリエイターであること、軍港の側面も持つ北朝鮮西部の南浦(ナムポ)で拘束されたこと――などが次々と明らかになった。杉本氏が利用したのは、イギリス人が中国で経営する「ヤング・パイオニア・ツアーズ」という旅行社だったとの情報がある。これが事実だとすれば、2016年1月に拘束されたアメリカの大学生、故・オットー・ワームビア氏と同じ旅行社だ。 ワームビア氏は観光で北朝鮮を訪れたが、「敵対行為」があったとして拘束。17年に昏睡状態のまま帰国して死亡するという痛ましい事件が起きる。「日本政府は渡航自粛を呼びかけていますが、日本国内にも北朝鮮の観光ツアーを実施している旅行社はあります。しかし日本人が日本の旅行会社を使うよりは、中国など国外の旅行会社を\xBB
箸Δ曚Δ❶∨鳴ɺ唎悗虜詐擇⓲爾蠅笋垢し晃類❹△襪里任后◦秭椹瓩蓮△修凌Χ畔繊△修譴鮹里辰討い寝椎柔④呂△襪隼廚い泙后廖N磴┐\xD013年、北朝鮮はアメリカ人観光客のメリル・ニューマン氏を拘束しました。ニューマン氏は何と85歳でした。当局は朝鮮戦争の従軍歴を問題にしたようですが、高齢などを理由に約40日で釈放しています。今回の杉本氏は、その半分以下のスピードです。これほど早いとなると、政府か杉本氏かは不明ですが、身代金の支払いで合意した可能性があります」身代金の存在は、既に国会で明らかになっている。元日経新聞記者の杉嶋岑氏は1999年から02年にかけて北朝鮮に拘束された。内閣情報調査室と公安調査庁の“スパイ”だったことを、当局は完全に把握していたからだ。 2年2か月の拘束後、杉嶋氏は突然の帰国を果たす。同年7月に衆議院の安全保障委員会に参考人として出席し、身代金の支払いについて外務省の担当者と会話したことを証言した。まだ支払われていないが、密約として「2000万円くらい」で合意した経緯が速記録に残されている。 また2003年には、当時29歳の日本人\xBD
灝④ⓚ鳴ɺ唎頬缶燭鮨柔繊⦿能ŮĽ砲狼馮櫃気譟\xA205年11月に帰国。この時にも平壌放送が「人道主義の見地から送還措置を取った」と報じたが、実際は数百万単位の身代金が支払われたとされている。 身代金といっても、そのものズバリを要求してくるわけではない。滞在費や保釈金など、一応はもっともらしい口実があるのだという。現在、日朝首脳会談の実現を目指し、両国間では交渉が行われている。拉致問題などでは2国間の主張が対立しているようだ。こんな時に“人質”として交渉のカードに使われれば、日本政府が対応に苦慮したことは想像に難くない。https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/dailyshincho/world/dailyshincho-547838

« おいらせ町クラックカー祭り | トップページ | 2018年9月12日お稽古 - 香光のいけばな記 »