« 2018年9月12日お稽古 - 香光のいけばな記 | トップページ | ドヴォルザーク 、アントニン・レオポルト 交響曲第8番 ト長調 作品88 - せろふえ »

2018年9月16日 (日)

『ハイスコアガール 「ROUND 10」』 - ひろしのアニオタ日記

『あなたが私に無関心なのは重々分かった。勝ち続けることで私に関心を持ってくれるのであれば私は絶対に負けない!』先週のROUND9の受験のお話で、大野さんの一途さに気持ちを持っていかれ、今週のROUND10で日高さんの健気さに心を打ちのめされました。ゲームファン向けのコアなアニメかな?と毎週何となく見続けていたけれど、最近はなんか青春恋愛作品として観ています。『こんなに胸がキュンキュンするアニメは久しぶりです。』(きもいです。)恋愛アニメは、何も「ブヒれる絵」で「人気声優さん」が声を当てて、最低限「作画」と「音楽」が良くなければなんて所謂ステレオタイプな「型」にはめなくても、十分に高水準で成立することをこの作品は証明してみせた!と思います。何でもこの作品の原作者の「押切蓮介」さんは漫画通の方々には有名な方のようで、特に「ミスミソウ」という作品は、読者に衝撃を与えた少なくとも読者の心にどんな形であれ印象を残せた傑作と聞いております。ただこの「ミスミソウ」という作品は、その内容がなんとういうか内容だけに(察してください)、その今の僕には読む勇気と余裕がないですが、いずれは絶対に読みたいと
思います!話をハイスコアガールに戻しますが、この作品はあまりゲームに縁のなかった僕でも「この時代に戻ってゲーセンに行ってみたい!」と思うほど観ていて楽しいですし、繰り返しになりますが、何よりも青春恋愛アニメとしてハマっている僕としては、もう大野さんと日高さんのどちらかを応援する等というレベルの気持ちはもう既に突き抜けてしまって、この原作者「押切蓮介」さんがどのような結末を描くのかが楽しみで仕方がありません。原作は「月間ビックガンガン」で9月25日に完結するそうです。僕はこのハイスコアガールという作品は、きちんと人間を描いていると思っています。次週、楽しみにしています!あぁ、今期も結構豊作なクールだったなぁ。

« 2018年9月12日お稽古 - 香光のいけばな記 | トップページ | ドヴォルザーク 、アントニン・レオポルト 交響曲第8番 ト長調 作品88 - せろふえ »